関西の写真史 中川繁夫:著
ギャラリー・DOT
写真情報
映像情報
オン・ザ・シーン

ギャラリー・DOT
DOT
写真の展覧会において、オリジナルプリントと呼ぶ写真作品がギャラリーに飾られるようになるのが1980年初頭です。京都は下鴨にオリジナルプリント専門のギャラリーとして、「ギャラリー・DOT(ドット)」が1980年11月、オープンします。また、神戸では、中央区北野に「キタノサーカスフォトイン」がオープンします。

ギャラリー・DOTは主に日本の写真家たちの作品を集め、展覧会を開き、展示された作品が売買される、いわゆる写真を売るギャラリーとして京都に誕生したものです。神戸のキタノサーカスフォトインは、ギャラリーオーナーが自分で収集してきたアメリカのプリント中心に売るギャラリーとして1980年11月にオープンします。

1980年は、関西の写真シーンにおいて、オリジナルプリントを扱うギャラリーが誕生する記念すべき年となります。オープニング展は1980年11月17日~11月23日、子供のアトリエ展(鈴木基寛氏指導)による4才から11才までの子供たち 。ギャラリーオーナーの岡田悦子さんは、絵本作家を目指したこともある経験から、この展覧会企画になったようです。続いて第二回目の展覧会は、1980年12月09日~12月21日「BELCA HOUSE EXHIBITIO '80」出展者は、相川佳久雄、鈴鹿芳康、高田宣夫、和田矢代依という顔ぶれ。

いよいよ1981年には、1981年01月25日~02月15日、写真家6人によるオリジナルプリント展、出展は杉本博、鈴木俊宏、高木松寿、橋本文良、服部冬樹、松尾幹生という写真作家たちでした。このようにして、関西在住の写真家にとどまらず、日本人写真家が作品発表の場として、オリジナルプリントを売るためのギャラリーとして、展覧会を開催しることになります。1981年10月13日~11月22日には、フランスの写真家エルスケンの「セーヌ左岸の恋、パリ1950~1954」(Ed Van Der Elsken)を開催し、オリジナルプリントギャラリ-としての地位を不動のものにします。

オリジナルプリント、それはいったい何ぞや?。写真愛好家たちにも、まだその意味合いが十分に理解されないことが多かった年代に、若い作家、中堅作家、写真作家としての誕生を育む土壌を作っていきます。関西において、特に京都において、その存在は、写真への認識を変えさせていく場となっていくものでした。のちに別企画でフォトハウスが京都に誕生しますが(1984年11月)、その事務局としての機能、つまりギャラリーとして、作家を育ませるための教育を実施していくことになります。

レンタルギャラリーではなく、オリジナルプリント展示を主体にしたギャラリー・DOT。作品制作のための基礎技術、ゾーンシステム取得を基礎に置いたワークショップ開催の事務局として、ギャラリー空間が機能してきます。とはいえ、関西の写真家たちが盛んに展覧会を開くというには、まだ時期が早くて、おおむね東京在住の写真家たちが展示することになります。その後において、大阪をメインにオリジナルプリントギャラリーがオープンしますが、京都におけるギャラリー・DOTが、その先を走ったといえます。

それから30数年を過ぎて、いま現在(2012年9月)においても継続して運営されているギャラリー・DOT。オリジナルプリントの歴史を語るうえで、欠かせない貴重な存在であることは間違いありません。関西という地方のことが話題になることが少なく、京都の話題はなおローカルな話題ですが、ここに関西の写真史、1980年代を書き起こしてきて、紹介するところです。

写真情報
480shryo1208200011
いま、ぼくの手元に、写真情報社から発せられた<「写真基金」への出資の願い>という案内書があります。この写真情報社が、1970年代後半から1980年代にかけて、関西の写真シーンに大きな役割を果たしていたと思っています。写真情報を発行していた写真情報社は、1977年に福岡市に設立された同人です。その後活動の拠点を関西に、事務局は京都市に置かれて、活動されていました。

コピー誌「写真手帖」の発行、写真展「視覚への啓発」を東京、京都、福岡にて開催、情報DM「写真情報」の発行など、マイナーメディアの形成とそれを通して写真の情報を発信していく。そういった動きをされていたグループでした。関西の写真をめぐる動きには、かってあったアマチュア写真クラブの流れがあり、大学や専門学校を卒業した人たちによる写真現場があり、おおむねあるヒエラルキーが形成されているなかで、写真情報社の活動は、新しく写真シーンを担う人たちへの熱いメッセージとなったと考えています。

個々に写真活動をはじめて、個々がバラバラな状態を、まとめていく作業は、情報を発信することから始まります。設立スタッフは、金森格、藤井謙介、梅津フジオ、笠井享、海原修平の各氏。なにかと情報を集め、発信していく手段として、郵便で送るダイレクトメール方式です。現在2012年のメディア環境では考えられない閉塞状態。まだパソコンもインターネットも無かった年代。資金捻出にも苦労がつきまとった年代です。

写真情報社主宰の梅津フジオ氏は、1972年4月に創刊される「地平」の創刊号と二号に写真を発表するメンバーです。この写真誌「地平」は、1972年4月創刊、主に福岡を拠点として活動し、1977年9月に第十号を出して終わります。地平のメンバーは、黒沼康一、百々俊二、山下良典、遠藤正仁、梅津フジオ、中川貴司ら(敬称略)が関わって、一時代を代表するグループへと展開していきます。このグループから輩出の作家では、現在のビジュアルアーツ専門学校の先生になっていらしゃる方が多くいらっしゃいます。

さて、梅津氏が主宰する写真情報社の目的は「情報提供からメディアの創設へ」です。写真情報社主宰の梅津氏は語ります。写真情報の対象が300人になり、切手代、コピー代、情報収集など、多大な負担となるなかで、独自の紙誌の発行を企画しています。京都へ来てから三年半、独自のリストが関西で300ヶ所、全国で600ヶ所ほどできました。自主運営は赤字がついてまわりますが、資本から自由なのです。

基金への出資の願いのなかで、1983年春には、運営スタッフ3名の共同出資によりトーシャファックス印刷機を購入、既に写真情報社は印刷機能をもち、今後は懸案の印刷紙誌の発行、資料集等の編集・発行を順次具体化し、検証と批評のためのメディア創りを進め、出版局構想を具現化したいと考えています、といいます。

あらためて、いま思うことは、こういった個々の努力があって、情報が共有され、現場が生まれてくることが、見えてきます。まだまだインディペンデントな活動が、個々バラバラな年代に、写真情報社が残すその功績は、称えてここに記しておきます。

 映像情報
480shryo1208200014
(1)
新しい映像の評論理論誌と銘打たれた「映像情報」誌の創刊号は、1980年8月1日付です。フリー・スペース聖家族通信が、その7月、第五号をもっておわり、その延長上に「映像情報」が発行されました。1984年1月15日発行の第12号まで、三年半にわたって、不定期刊されてきた中川繁夫の個人誌です。

創刊号の内容には、フリースペース聖家族通信の80.8月号を載せています。映像情報からの告知として、次のように言っています。

<月刊「映像情報」は、フリー・スペース聖家族通信が発展的廃刊となったあとを引き継ぐかたちで、創刊されたものです。まだまだ情報誌としての体裁には至っていないし、情報源そのものも不足です。しかし今、80年代にはいって、ミニコミとしての情報誌の必要を痛感するところから、自然的に発生してきたものです。今さら、その理由を述べるまでもなく、十分にその意は汲みとってもらえることと考えますが、ぼくら自身のメディアを持つことによってのみ、現今の映像の閉塞状況を打開していくことができると思うのです。(後略)>

百部発行、一部百円、編集発行は「フリースペース聖家族事務局」として、月刊「映像情報」編集室を設け、発行人は中川繁夫。手書き10ページのコピー版、ホッチキス止め、この時点では、フリースペース聖家族で展覧会等の企画を実行し、その理論誌として目論まれたのが「映像情報」でした。

創刊号の目次には、写真評「四才児の写真をめぐって」、写真展評・イベント評、中川が書き進めていた連載「私風景論」があります。これらの内容からは、写真をめぐる様々な問題点をあらわにし、マスメディアと向きあうパーソナルメディアとして展開していく姿勢が汲みとれます。

こののち1984年11月には、フォトハウス構想の発表が行われますが、それまでの間、映像情報編集室として、先に記した本号12巻、写真集として中川繁夫作「夢幻舞台」発行、号外の発行等、印刷物として発行されていきます。

(2)
フリー・スペース聖家族通信を引き継ぎ、映像情報が創刊されるのが1980年8月です。編集発行は、フリー・スペース聖家族事務局、月刊「映像情報」編集室。発行人は中川繁夫。新しい映像の評論理論誌とサブタイトルがつけられています。

1970年代半ばから1980年代にかけて、写真を取りまく環境が大きく変化してくるときでした。新聞や雑誌に掲載される静止画イメージ・写真の範疇から、写真を個の表現作品として扱っていこうとする考え方です。紙媒体にてメディアの主流があった時代から、テレビメディアへと移行してくると、写真より映像がその主流となってきます。録画できる電磁テープ、ビデオが開発され、フィルムにかわる方式として記録の主体となってきます。

写真が、商業の中心から周辺へ追いやられることで、写真撮影技術を修得したカメラマンの、金銭授受をともなうマーケットが縮小してきたといわれています。そこで写真の独立、絵画や版画と同様に、作品として売買するということが浮上してきたと思われます。オリジナル・プリント。写真を写真単体として売買する、そのことが具体的になってくる年代でした。

おそらくそこで、写真をめぐる論、考え方、捉え方といった領域で、評論・理論を求めていたのだと思います。社会の変化、メディアの変化、大きな転換期にさしかかった写真制作の現場で、映像情報は試行されたと解釈しています。当時、東京では佐藤元洋氏が編集発行のCOPE、コペ(個人誌)があり、写真装置が発行されます。関西では中川繁夫が編集発行の映像情報(個人誌)が創刊され、オンザ・シーンが発行されます。

文学における同人雑誌の形態が、写真においても1960年代から、いやはやその昔から、巷のカメラクラブは同人形態をとっていたし、現在においても、二科会とか視点委員会とか、同人(会員)形態をとっているといえます。職能団体である日本写真家協会もふくめ、ある傾向の作品をつくるグループからそれを職業とする団体、それらが写真という作品をめぐって、業態をつくっているんです。

写真を制作する技術、写真を売買するための枠組み、そのための学校、そのための組織。そうして、写真を社会学的に、芸術学的に、心理学的に、言いだしたらきりがありませんね、哲学的に、歴史的に、等々。つまり、評論・理論の構築、その必要に迫られていたのが、1980年代の初めであったと考えます。

1970年代にはカメラマンと仕事のバランスが、供給と需要のバランスが、崩れ出したと言われています。つまり意識の高いカメラマンが、みずからの生活費の獲得と名誉のために、浮遊する写真作品の底辺を理論武装させようとの試みだったのではなかったか、です。映像情報の試みは、この真っ只中において、個人誌として作られてきたメディアでした。

(3)
全12号の記事タイトルをまとめてみます。

創刊号、1980.8.1発行
・フリースペース聖家族通信
・写真評論、四才児の写真をめぐって
・写真展評、イベント評
・連載:私風景論(2)
・映像情報からの告知

第二号 1981.1.1発行
・映像情報、情況
・写真論、「花嫁のアメリカ」その方法と成立の考察
・私風景論(3)、以下四号まで連載
・映像情報からの告知、編集後記、以下最終号まで連載

第三号 1981.3.1発行
・映像情報、情況、以下最終号まで連載
・写真論、土田ヒロミ論
・写真「無名碑」(1)
・写真「冬の旅より、金沢」

第四号 1981.5.1発行
・写真「春日の光景」
・写真「無名碑」(2)
・釜ヶ崎取材メモ「大阪日記」(1)
・写真論、沖守弘論

第五号 1981.7.1発行
・京都の写真状況が教えるもの:石原輝雄
・写真「無名碑」と「大阪日記」、以下最終号まで連載
・写真論、「記録とは何か」一枚の写真から

第六号 1981.10.1発行
・映像論「写真、映画、ビデオ論」(1)
・写真論「写真は芸術にあらず」:石原輝雄
・映像情報からの告知、出版案内

第七号 1981.12.1発行
・映像論「写真、映画、ビデオ論」(2)
・東松照明「太陽の鉛筆」試論:三谷俊之
・写真「81夏-自宅周辺-」

第八号 1982.2.1発行
・映像論「写真、映画、ビデオ論」(3)
・写真論「いま、写真行為とは何か」
・フォト・シンポジューム・イン京都、討議録
・写真と文「私風景・日記」

第九号 1982.5.1発行
・写真「自宅周辺」
・映像論「ビデオ状況の出発点」:岡崎純
・東松照明論(1)「内灘、長崎、沖縄の系譜」

第十号 1982.8.15発行
・写真「続自宅周辺」
・”おなにい”としてのビデオアート:吉田幾俊
・写真「釜ヶ崎」
・東松照明論(2)「内灘、長崎、沖縄の系譜」

第十一号 1983.8.15発行
・写真「続続自宅周辺」
・いま!東松照明の世界展、大阪展、私自身のための総括

第十二号(最終号) 1984.1.15発行
・写真「西陣の人々」京都シリーズ抄
・写真の現在展’84 アピール
・写真評論「現代写真の視座」
ほかに号外が第五号まで発行されています。

オン・ザ・シーン
480siryo1208250012
(1)
写真雑誌「オン・ザ・シーン」は、1980年創刊、1985年第六号を発刊して休刊となりました。関西の写真史、とくに1980年代を中心に、筆者、中川繁夫の記憶と若干の資料をベースに、書き起こしているところです。「オン・ザ・シーン」誌においては、第四号に筆者自身の写真「無名碑」23点を掲載してもらったこともあり、親密感を抱いています。筆者においては、同時期、個人誌「映像情報」を編集発行していた経緯もあり、深い交流がありました。

発行所は写研工房、事務局はスタジオ・シーン、1982年9月発行、四号の発行人は中村一夫、編集長永田典子、編集スタッフに浅井英美、阿部淳、新見輝人、飯間加寿世、太田順一、奥野竹男、田中嗣治と名前が載っています。大阪市東区瓦町のビルの一室にあったにスタジオ・シーン。大阪写真専門学校(現・ビジュアルアーツ大阪)を卒業したメンバーの仕事オフィスが、その事務局となっていました。

写真表現の方法に、いくつかの潮流があるとすれば、「オン・ザ・シーン」に掲載される写真には、1970年代の揺れ動く被写体を撮った揺れ動く写真、また1980年代の潮流となるシリアス系写真、静止した写真というか、凝視する視点というか、そういった写真が、混在して掲載されてきたと言えます。その意味においても、筆者は「オン・ザ・シーン」誌は、関西の写真史、1970年代から1980年代を論じるのに、欠かせない雑誌だといえます。

創刊号の特集は「挽歌」、写真発表は、伊ヶ崎光雄「南の風サンタモニカ」、田中嗣治「真南風」、太田順一「ナッシング」です。第二号の特集は「貌」、写真発表は、百々俊二「休日」、飯間加寿世「家族」、太田順一「日記・藍」、奥野竹男「潮風」です。連載写真通信「ふぇろう村から」華房良輔と浅井英美、ノート「推理から認識へ」西井一夫、と名前が続きます。

メディアを持つということは、人が集まり、人が動き、人が繋がる、そういった役割をになっていくことになります。「オン・ザ・シーン」という雑誌メディアが、個々の個人に還元され、還元された個人が別の枠組みをつくっていく、その流れができてきます。相互に関連し合い、影響し合い、潮流は形成され、流れていきます。1980年に創刊される「オン・ザ・シーン」誌は、潮流の一角を占めるメディアとして存在した、と考えています。

(2)
1980年に創刊される「on the SEENE オン・ザ・シーン」誌を軸にして、当時の関西の状況を書き上げてみます。オンザシーンに集まった人たちの群、これらの人々の大半は、1960年代の後半から始まるコンポラ写真の系譜を受け継ぐ作風といえばいいかと思います。東京を中心にして、コンポラ旋風が吹いてきますが、その中心メディアは、月刊のカメラ雑誌、そのなかでも多大な影響を与えてきたのが「カメラ毎日」のような気がします。

1975年に始まる「ワークショップ・写真学校」、そこから展開される写真展や、自主ギャラリーの動向が、雑誌を通して関西の若手写真愛好者にも伝わってきます。全国的に均一な表現方法として、カメラ雑誌が果たす役割は大きな意味を持ちます。ある意味、ここでも東京化現象が起こっています。

東京が中心であって、それ以外は地方、東京に情報が集中して地方に広められていく。この図式が写真を取りまく環境にも表れてきます。とはいえ、関西において中心をなしてきたシステムが、アマチュアカメラクラブ。浪華写真倶楽部(1904年~)に始まるカメラクラブの系譜の中から、多くのカメラクラブが林立している状況です。

写真を教える学校、大学とか専門学校ですが、関西、大阪には大阪芸大写真学科、日本写真専門学校(現:日本写真映像専門学校)、大阪写真専門学校(現:ビジュアルアーツ大阪)、その他にもいくつかの写真を教える学校がありました。

写真を撮ることを職業とするカメラマンの人たち。会社所属の人、スタジオを経営している人、フリーで仕事を請け負っている人。いわゆるプロカメラマンの人々。1980年当時の、関西での大きな流れは、アマチュアの人、プロの人、写真学校卒業の作家指向の人、などが混在して、潮流をつくっていました。

そのなかで生まれてきた写真誌「オン・ザ・シーン」は、大阪写真専門学校を卒業した若い写真家が中心になって活動が続けられてきて、若手写真家たちの中心的なメディアとして存在します。現在(2012年)のように、インターネットなどのメディアがなかった時代です。日本の写真1970年代から1980年代を眺めてみると、写真のオーソドックスな潮流として、表現の方法、内容、ともに関西における中心的役割を果たしたメディアでありました。と同時に編集に携わったメンバーが、また、中心的役割を果たすことにもつながってきます。

大阪写真専門学校の教官たち、そこで学んだ学生たち、東京とつながり、東京の潮流を関西において具現化していくメンバーたち。写真というメディアの、時代の中心的プロパガンダーとして、その役割を演じていたと、いい意味で認識しておく必要があるでしょう。

(3)
現時点(2012年)の位置から、1980年初頭の状況を語るとなると、俯瞰して見えてくる流れがつかめます。1980年に大阪で発行された「オン・ザ・シーン」誌、この雑誌を軸に、その前、それ以後、1960年代から2000年ごろ、20世紀後半から終わりまでを、流れととらえてみます。

1960年代後半には、東京で「プロヴォーク」誌が発行されます、この「プロヴォーグ」誌は、いわば新しい世代による、古い質の写真の解体をはらんだ運動ととらえられます。この傾向、作風を含め福岡において「地平」誌が発行されます。この「地平」のメンバーが大阪において、「大阪写真専門学校」の教員として活躍します。「オン・ザ・シーン」誌を発行するメンバーが、大阪写真専門学校の卒業生であることに注目すれば、人脈として、新しい世代の写真解体運動を含めた質を、継承していたと言えます。

日本の写真表現の方法は、1970年前後に、あるレベルにおいて、文学領域を内含するようになったと考えています。その文学の軸となる自然主義から私小説への意識を、写真に持ち込んでくる。つまり私写真、私の見る風景、といった内容の写真群。おおむねそれらはドキュメント手法によっています。この流れは、現在においても紆余曲折はあれども、「ビジュアルアーツ大阪」を基軸として続いている傾向です。

いっぽう、1980年頃には、「プロヴォーグ」以後の、コンポラの流れをくんでいる写真のレベルがあります。写真の被写体と制作態度を、より開かれたものとするように。写真を閉鎖的な場所から開放的な場所へ。プライベートゾーンからパブリックゾーンへ、その後者を担う写真家と写真の群です。

この論文の筆者、中川繁夫による「映像情報」、その後に設立される「フォトハウス京都」。その後には、大阪において畑祥雄氏による「大阪国際写真センター」の設立と行政レベルを巻き込んだ写真講座の実行。1990年代に入ると、「写真図書館」の設立、インデペンデント系写真学校の運営、写真表現大学、OICP写真学校。人が集まり学習し発表していく基盤として、形成されてきます。
480siryo1211080012
2012年現在において、ビジュアルアーツに学び作品を発表している人たち。写真表現大学等を修了して作品を発表している人たち。その他には大阪芸大写真学科を卒業した人たち、成安造形大学を卒業した人たち、日本写真映像専門学校を卒業した人たち。関西の写真シーンを担う学校の教員、ギャラリー主宰者等、おおむねこういったグループのなかで、活動していると言えます。

1980年代以降は、現代美術と写真という軸が現われてきます。現代美術作家と呼ばれる人たちがカメラを使って作品を発表する。従前に写真と呼ばれていた作品、それとは別に、写真制作の手法に、現代美術のコンセプトが形成されてきます。いま、あらためて、写真とは何か、現代美術における写真とは何か、こういった議論が起こってきてもいい環境だと思えるのですが。

ともあれ、1980年に創刊する「オン・ザ・シーン」誌は、それ以後の写真に作家とコンセプトにおける内容を、持っていたと言えます。