_20190718_142355
金沢駅で昼ご飯を食べようとして探していたら、まいもんや寿司の店がありました。
金沢の回転寿司は有名ですが、この店の名前も有名、値段が高い、100円寿司とは違う。
でも、昼で、このセットに味噌汁がついて、税別1500円でございました。
昼の定食セットで一番安い奴です。
内容については、あれこれ申しませんが、微妙に美味い、旨い、さすがです。

寿司の話でゆうと、ぼくは高校1年の秋から3年の夏まで、寿司屋でバイトしてた。
土日のバイトで、配達のバイトで、単車に乗れたから、重宝がられたみたい。
それに配達する得意先の名前と家を、すぐに覚えたらしい、重宝がられた。
寿司については、作り方のノウハウ、いろいろと教えてもらいました。
ホルモンの味付けは中学生のとき、寿司のノウハウは高校生のとき、ですね。

その頃のことを思いだすと、妙に寒々とした光景ばかりがよみがえります。
夜に、喫茶店にたむろして、単車で街を突っ走って、詩や小説を書こうとしていた。
かっこいいわけないけれど、このように書くと、若いころ、そんなんしてたの羨ましい。
なんていう人もいるけれど、まあ、愛に恵まれていなかったのかも知れないね。
だから、いまもって、愛を求めて、徘徊しているんだと、思うんです。