中川繁夫の寫眞と文章

中川繁夫の寫眞と文章。撮影被写体は釜ヶ崎、白虎社、京都、撮影期間は1978.9~1984.3です。

2018年10月

現代メディア表現論
「自費出版物から学ぶ写真表現」
nakagawa shigeo  2012.12.8
IMG_2381
関西の写真史にみる自費出版物の役割

<通史>
●写真倶楽部(カメラクラブ)の時代。

明治のころから写真倶楽部が始まる。
1904年(M37)、浪華写真倶楽部、上田備山、安井仲治、小石清ら。
1930年(S5)、丹平写真倶楽部、安井仲治、本庄光郎、棚橋紫水ら。
        芦屋カメラクラブ、中山岩太、ハナヤ勘兵衛ら。
        大阪光芸倶楽部、入江泰吉、岩宮武二ら。

1953年(S28)、シュピーゲル写真家協会 ※ (Spiegel) - ドイツ語で鏡を意味する。
         棚橋紫水、木村勝正、岩宮武二、堀内初太郎、他。
写真倶楽部(カメラクラブ)の発表形態は、主に写真展です。
写真集を発行するには、印刷他にお金がかかる。
集大成として、個人写真集を出版することが通例。

●同人誌の時代。
文学の領域では、写真に先行して、同人による雑誌を発行していました。
文学との遭遇、文学的発想へ、1960年代

マスコミからミニコミの時代へ、1970年代

1968年「プロヴォーク provoke」
1972年「地平」
1977年「写真通信」
1977年「GRAIN」
1980年「写真装置」
1980年「オン・ザ・シーン」
2002年「写場写場」

●個人誌の時代。
1974年「コペ COPE」
1980年「映像情報」

●個人写真集の時代。
1975年ワークショップ写真学校の開校。
自主ギャラリーと出版物、個人写真集。

2010年~ 個人写真集、ZINEが集められる。

<俯瞰図>

(1)
明治のころからアマチュア写真家、職業写真家の活動基盤として、写真倶楽部(カメラクラブ)が起こってきます。
朝日新聞社は全日本写真連盟を支え、地域(支局)から日本(本社)を経て世界へ、とつなげます。
戦後には二科会に写真部が創設され、美術界に写真が組み込まれます。
全国組織のネットワークをつくりだし、カメラ雑誌が広報誌の役割を果たします。

(2)
1968年に写真同人誌「プロヴォーク」が発行されるころから、ミニコミ誌の展開が始まります。
1975年に始まる「ワークショップ写真学校」。
そこに集まった人たちによって「自主ギャラリー運動」が起こります。

(3)
関西では、東京の出来事がカメラ雑誌等、マスコミによって情報がもたらされます。
1980年には、同人雑誌として「オン・ザ・シーン」、個人誌として「映像情報」が発行されます。

1980年当時には、大きくジャンル分けすると、ドキュメント系、オリジナルプリント系、コマーシャル(商業写真)系と分類できます。
文学との遭遇とした写真群は、おおむねドキュメント系に属します。

関西においては、ドキュメント系に属するのが「オン・ザ・シーン」であり「映像情報」だと認定します。
1980年代の半ばになると、オリジナルプリント系の写真講座が起こってきます。
1984年~「フォトハウスワークショップ」、1988年~「リバティ表現大学」などです。

(4)
2012年現在の環境を見ると、写真を学ぶ学校として、大学、専門学校、NPOの写真学校などがあります。
この環境で学んだ人たちを中心として集まる若き写真家たちがいます。
ドキュメント派、オリジナルプリント派、それを職業につなげていく人たち。

公募展と写真賞、キャノン新世紀、木村伊兵衛賞、上野彦馬賞、林忠彦賞 ・・・・。




現代写真表現論
「森山大道、荒木経惟、中平卓馬から学ぶ、写真表現」
nakagawa shigeo  2011.12.3
IMG_8253
はじめに

ここでは、時間空間をさかのぼり、1968年前後から1970年代半ばまでの状況を軸に、考えます。
この時期に表現される写真の方法を考えるとき、それまでにあった文学状況を対置します。

★1968年、写真状況は、おおきな転換点を迎えたといえるでしょう。
その転換点となるのが写真同人誌「Provoke](プロヴォーク)の発刊でした。

★ここでは、森山、荒木、中平の表現行為にみられる「私性」と「社会性」について。
三人の表現方法の基軸を、この観点から見てみます。

ここでとりあげる三人の写真家とその周辺について。

★中平卓馬と森山大道は、「Provoke」の同人です。
そのそばには、東松照明という写真家がいました。
東松照明を反面教師として、論を立て写真を作ります。

★荒木経惟は、独自の発表手段(郵便メール、自費出版)を使います。
その後、篠山記信のデビューがあり、その対置に自分を置きます。
その後、タブーの公然化、エロス&タナトスを軸に、おびただしく写真集を出版します。

★文学同人誌ではなく「写真」同人誌として「Provoke」を創刊した中平卓馬と参加した森山大道。
写真発表の方法に、メールフォトを展開し、自費出版する荒木経惟。

それからおよそ40年の歳月が過ぎた2011年のいまです。
各人の当時の作品と表現の方法をみながら、いまを考えたいと思います。

 1、文学・写真・日本

●日本文学の特徴

小説を分けるなら、本格小説、通俗小説、心境小説があるといいます(久米正雄・1925)。
日本の小説の特徴「私小説」は、心境小説です。

柄谷行人(文学評論)がいう「風景、内面、告白、病気」(日本近代文学の起源・1980)

「私」を確立してくる過程としての日本文学と「私小説」
自然主義リアリズムの変形としての「私小説」
漱石と鴎外
島崎藤村と田山花袋
宇野浩二、葛西善蔵、太宰治の系譜

●文学と写真の対比

戦後文学の私性に対する社会性(全体小説)
野間宏、大岡昇平、大江健三郎、高橋和巳、等々。
戦後写真の社会性に対する私性
名取洋之助、土門拳、木村伊兵衛、東松照明、等々。

●日本の写真の特徴

日本の写真の特徴といえば、絵画や文学の特徴でもある花鳥風月の世界に対して、
1950年代のリアリズム(社会の表層をなでていく手法でしか深化しなかった)、
1960年代後半の前期コンポラ写真(Provokeを中心とする)と、
1970年代の後期コンポラ写真(牛腸茂雄に代表される)というおおきな流れとしてあります。、
東松照明氏は一貫して、社会ドキュメントの方法とあり方にこだわってきました。

写真を制作するという写真家個人のレベルに立って捉えると、
作家の内側の心情・思想、そこから表現された写真の立場が明確になるのではないか。
このような視点から、全体と個々の作家の写真をみていきたいと思います。

「Provoke」に参加したメンバーは、全員が写真家(専門職)だったのではありません。
中平卓馬は雑誌編集者だったし、岡田隆彦というメンバーは詩人。
写真の撮り手が専門職としての技術屋でなくても写真が成立する、という時代です。

撮影技術が優先される写真から、撮られたモノへの解釈が優先される時代へ、です。

ヒト個人という物体の捉え方です。
それと社会との関係ということです。
つまり、大きな大義名分から、個人的パーソナルな立場への転換があったと思います。

「Provoke」の中平、森山の視点、「センチメンタルな旅」の荒木の視点が、転換点かも。
先行して文学上おいて私を確立してくる過程で、心境を綴る「私小説」に至ったように、
写真が位相を変えて時代を変えて、「私写真」が誕生成立してきた、とも見ています。

●森山、荒木、中平らの写真の特徴。
写真雑誌への発表によって生計を立てる。
「カメラ毎日」1970年代、「写真時代」1980年代など。
写真とともに文章(エッセイ、批評等)を書く。
人間本能のひとつとしてのエロスをとらえる。

1970年代中頃から、業界へ供給が多くなり、プロカメラマンへの道は狭き門となってくる。
写真学校を卒業する若い写真愛好者、作家志向の写真愛好家からのまなざし。

1974年9月、写真学校「WORKSHOP」が開校します。
東松照明、細江英公、横須賀功光、森山大道、荒木経惟、深瀬昌久が講師となりました。
写真作家志向の傾向が顕著になってきます。

 2、三人の写真作家

●森山大道

1938年大阪府池田市生れ
1959年神戸の岩宮武二スタジオに入る。
1961年「VIVO」への参加を目指すが「VIVO」解散のため、細江英公の助手となる。
1962年以降、カメラ雑誌を中心に写真を発表します。
森山大道「にっぽん劇場写真帖」1967年カメラ毎日に発表。 
森山大道「写真よさようなら」写真評論社1972年刊。

※大阪の写真家安井仲治の影響、岩宮武二「佐渡」からの引用

●荒木経惟

1940年東京生れ
荒木経惟のメール・フォト&写真集「センチメンタルな旅」
荒木経惟は、1970年前後、メール・フォトを展開します。
ゼロックス写真帖(70部限定全25巻)
写真をゼロックス・コピーし黒のラシャ紙を表紙として赤糸でとじられた写真集を郵便で送ります。
ここで荒木経惟は、<写真に関するメッセージ伝達の可能性>を追求していました。
1971年には写真集「センチメンタルな旅」を、限定千部定価千円で自家出版します。

妻陽子さんとの新婚旅行を、日常的な眼で追うフォト・ダイアリーです。
東京を発ち、京都から柳川への新婚旅行です。
荒木経惟の写真記録は、個人の新婚旅行というのがテーマです。
それまで写真として見慣れていた、写真の社会的光景を上回る衝撃を内含していたといえます。
プライベート(私的)な関係へのプライベートなまなざし、とでも云えばいいかと思います。

その後は、雑誌、単行本を中心に、作家活動が続きます。
1984年創刊の「写真時代」(白夜書房刊・末井昭編集長)は荒木経惟の三大連載。
森山大道の連載などがあり、写真雑誌というよりエロ雑誌としても圧巻。

荒木の方法論を、文学との関連でいえば、江戸期の井原西鶴の作風を彷彿させます。

※井原西鶴
仮名草子から浮世草子への「好色一代男」
物語小説から近世写実主義小説へ

●中平卓馬
1938年東京生れ
1963年東京外国語大学卒業。
雑誌「現代の眼」編集部に勤務。東松照明と出会い、写真を独学します。
1960年代半に現代評論社を退社、写真家・評論家として、活動します。
1968年同人誌「Provoke]を創刊します。
中平卓馬「来たるべき言葉のために」1970年
中平卓馬「なぜ植物図鑑か」1973年、自らの写真を全否定します。
1977年9月急性アルコール中毒症により倒れ、かなりの記憶を喪失します。

※東松照明と中平卓馬

 3、東松照明と森山大道、中平卓馬。篠山紀信と荒木経惟。

森山大道も中平卓馬も、東松照明とは懇意な仲間といった関係。
先輩東松に対して、後輩たちは一緒に酒を飲み交わし、相互批評をくりかえします。
中平卓馬の言説も、東松照明の写真制作方法へのアンチというのが、底流にあると思われます。

1970年代になると、若い女の子アイドルが登場してきます。
歌手やファッションモデルたちをアイドル化するを現場を担う篠山記信。
それに対抗するようなイメージで、荒木経惟は女の子を撮っていきます。
篠山紀信のエロスと荒木経惟のえろす。
陽と陰、表と裏、そのような関係が読み取れます。

 参考

同人誌「PROVOKE」について

●1968年11月、季刊同人誌「provoke」(プロヴォーク)が創刊されます。
創刊同人は、中平卓馬、高梨豊、多木浩二、岡田隆彦の4人でした。(敬称略)
第二号から森山大道氏が加わり、1969年8月に第三号を発刊して終わりました。

・「報道写真」的な写真の社会機能と「モダンフォト」的な写真作品機能の否定
・「アレ・ブレ・ボケ」といわれる制作方法とその作品群
・言語の意味によって固定される以前の、未分化の世界の断片としての写真
・写真による新しいイメージの創出
・1966年の「コンポラ」展の影響・・・

●「Provoke」は、1968年11月に季刊同人雑誌として創刊されました。

創刊時の同人は、中平卓馬、高梨豊、多木浩二、岡田隆彦の4人。第2号から森山大道が加わります。
「PUROVOKE」とは、「挑発」という意味。サブタイトルに「思想のための挑発的資料」と付けられました。
1969年8月に第3号を出して終わります。
1970年3月写真・エッセイ集「まず、たしからしさの世界をすてろ」を発刊し、同人は解散します。

●「Provoke」同人・岡田隆彦は「せつなさ」という感情を軸に論を立てます。(※1)
(※1)
「せつなさ」をきっかけとする郷愁と予見とはしかし、じっさいの現実にひきおこるとき、はじめからみごとな統一と融和を予定しているなどということはありえない。現実には郷愁と予見はひきあい反撥しあう。
(中略)
この場をはっきりと設定=意識化することが、ある意味では<見ること>であり(中略)対象への距離を意識化することとしての<影像の所有>なのである。
ここにこそ(その行為が自由の現存であるならば)現実を記録し・表現し・励起した映像を実現する種類の写真の根拠があるのであって、光と影の結晶としてのスペルマを享ける者をして、その未知の世界をはらませたとき、はじめて写真が歴史にコミットしたといいうるのではあるまいか。

●「PROVOKE」同人たちの写真集
 ・森山大道「にっぽん劇場写真帖」1968年 
 ・森山大道「写真よさようなら」1972年
 ・中平卓馬「来たるべき言葉のために」1970年
 ・高梨 豊「都市へ」1974年

●当時の写真状況を知るための写真集(抜粋)

 ・東松照明「<11時02分>NAGASAKI」1966年、「日本」1967年、「おお!新宿」1969年
 ・荒木経惟「センチメンタルな旅」1971年
 ・北井一夫「三里塚・1969-1971」
 ・雑誌「季刊映像」1969年―1971年 第10号で終刊

●1968年前後は、学園闘争の只中にあった。

フランスでは5月革命が起こった。「生の根源的な解放」ということがテーマとしてあった。

日本の各大学では学園闘争をきっかけに政治・文化制度への異議申し立てが起こった。1969年度の東京大学入学試験は中止されます。

日本経済は、高度経済成長と大衆消費社会が進展していくなかで、
ひとびとが社会のメカニズムのなかに拡散し、
生きていることのリアリティを失ってしまった、と認知されるような時代でした。

そのような時代の一方で、表現行為とはなにか、ということが問われました。

●当時の流行にコンポラ写真というのがある。

これは1966年にアメリカで開催された写真展
「コンテンポラリー・フォトグラファーズ・・・」(社会的風景に向かって展)から始まる一連の写真群である。

日本においても日常のさりげない事象(事件もストーリーもない)を切り取る横位置の構図、
対象との醒めた距離などを感じさせる写真が出現してきた。
午腸茂雄「日々」(1971年)などがそれである。

自己と他者との関係の網の目を、写真というメディアをとおして検証していく作業のなかで、
そのスタイルが選択されてきたといえる。
のち1977年出版の午腸茂雄「セルフ&アザーズ」はコンポラ写真の代表的作品である。

●1970年代の写真動向

1971年に篠山紀信は写真集「オレレ・オララ」でデビュー 
1973年に大丸百貨店で篠山紀信「スター106人展」沢渡朔「少女アリス」展などが開催された。
1974年に写真学校「WORKSHOP」が開校。季刊誌「WORKSHOP」を発刊
1976年にニュードキュメントのかたちとして土田ヒロミ「俗神」須田一政「風姿花伝」など
1976年には自主ギャラリーが運営され始める。(プリズム、CAMP、PUT)

●1974年9月、写真学校「WORKSHOP」が開校します。
東松照明、細江英公、横須賀功光、森山大道、荒木経惟、深瀬昌久が講師となりました。
各写真家の個人塾、その連合のような学校でした。
季刊誌「WORKSHOP」を発行し、写真家志望の若者に新風をもたらしました。

●1976年は、「WORKSHOP」に参加するメンバーが主体で、自主ギャラリーが運営されはじめます。
「フォトギャラリー・プリズム」
平木収、谷口雅ら13人のメンバーによる自主運営で、新大久保の一室でミニ・ギャラリーを発足させます。
「イメージ・ショップ、CAMP」
新宿御苑近くのマンションの一室で、森山大道を中心に、北島敬三、倉田精二らが自主運営に加わります。
「フォトギャラリー、PUT」
新宿のビル2階の一室で、東松照明の影響を受けた15人のメンバーによる自主運営をしていきます。


写真論
「写真についての覚書-2-」
nakagawa shigeo 2011.3.10
IMG_1306
<アナログとデジタルの間にて-1->
2010.6.7

いまやデジタルカメラを使って作品つくり、というのが圧倒的多数でしょうね。
ここ数年、年々、デジタルカメラの性能がアップして、フィルムカメラを越えてきました。
たしか、フィルムの画素数は900万画素とか言っていたと記憶しています。
その画素数を、ごく普通のデジタルカメラの画素数が、越えてしまいました。
ということは、写真を構成する絵面が、性能的にデジタルカメラが上回った。
このように言えるのか、と思っています。

デジタルで作る写真の方法は、これまで展開されてきたフィルムの方法とは違う。
この違うという方法を、いよいよ模索し、新たな展開を実験的に行っていかないといけません。
新たな手法で、新たなツールとして、新たなメディア展開を、していかないといけません。
ぼくは、その意味で、デジタルで撮られた写真の展開方法として、インターネットの介在です。
インターネットを介して、発表されるのが本筋だと考えています。
インターネット上に展開される写真アルバム等が、質、量ともに増大しています。

でも、一方、フィルムで撮影してきた写真。
フィルムを使わないで、写真を制作してきた、それ以前。
ネガを作って、ポジをつくる、写真制作の方法。
ダゲレオタイプのように、一枚完結写真。
それらをまとめて、アナログ、アナログ写真と、ここでは表示しようかと思う。
アナログ写真とデジタル写真、その制作手法転換の過渡期になる現在です。

<アナログとデジタルの間にて-2->

写真とは言わなくて静止画像というのが今流かとおもうが、ここでは写真という言葉を使います。
光が自動的に描いてくれる写真の発明から映画を経て、技術的には、おもいっきり変化してきましたね。
カメラ、感光材料、モノクロからカラーへ、静止画から動画へ。
動画と言っても、つまりは静止画の連続ですが、動画には音が入ります。
アナログとかデジタルとかいう区分も、表面上の機材の問題レベルともいえます。

写真を制作するという本質論は、技術の問題ではなくて、思想の問題だ、と言いましょう。
何を表に現そうとするのか、つまり表現の中味をどうするのか。
こうなると、アナログとかデジタルとか、その区分などを越えたところが、問題ですね。
つまり中味、写された<もの>が持ってくる意味という中味のこと。
なにを意味してるん?なんて聞くあの<意味>に通じるとおもう意味。

いま2010年ですが、アナログとデジタルのかけ引きで、デジタルに軍配があがった。
だから、これからはデジタルのありかたを論ずればよろしい。
なんて単純なことではありません。
つまりアナログとかデジタルとかの区分ではなく、何を撮るか。
何を撮るかって、決まってるじゃん、好きなもの、興味あるもの。

<アナログとデジタルの間にて-3->

写真をつくる原点は、太陽の光を暗い箱にいれ、陰画をつくることにあります。
絵画から写真への移行は、太陽の光で、自動的に絵を描くことにあります。
暗い箱をつくり、外の風景を定着させるべく、暗い箱の奥に、感材を置く。
ピンホールカメラによる写真つくり。
いちばん単純なカメラ・ボックスをつくり、画像を得る試みです。

アナログとデジタルの境界面が、現在だとすれば、アナログのはじめはなんだったのか。
その体験を体感すべき試みのワークショップが開催されました。
京都写真学校のカリキュラムの一環です。
暗い箱は写真装置の必須アイテムです。
菓子箱とか靴箱とか、ボール紙の箱を使って、画像を得る。

陰画紙には、既存のRCペーパーを使いました。
そのペーパーも手作りすることで、原点に戻る。
なにが必要なのかといえば、いま無意識に使っているカメラ装置の再認識。
いつのときも、最前線科学技術に支えられて、作られてきたカメラ装置。
ピンホールカメラとは、その原点にある写真の手法、手触り、手がかり、と言えます。

<表現のはじめ>

人間が自分の思いを、何かに託して、表現しだしたのが、いつのころか。
港千尋氏の「洞窟へ」(せりか書房2001年)のなかに、ネガティヴ・ハンドの記述があります。
ネガティヴ・ハンドとは、コスケール洞窟のなかで見つけられた痕跡。
壁面に人間の手を置いて、レッド・オーカーで隈取られているといいます。
約2万6千年から2万7千年ほど前に、描かれたといいます。

人間の表現とは、何事なのか。
それがいつのころからはじまったのか。
その起源は、なにか。
写真という表現手段を手に入れている現在として、起源に興味あるところ。
興味は、洞窟の壁面に、じぶんの手に塗料を吹きつけ、痕跡を残したということです。

写真にかぎらず、なにか自分の痕跡を残すという行為。
そのことに、興味をもって、表現とは、何か。
この問いかけの一端が、そこにも見られる。
すでに2万6千年も前、旧石器時代において。
いったいなんだろう、写真表現とは、という設問を解く鍵がここにあるのかも。

<写真の表現について-1->

写真ってゆう日本語、この言葉が、いまや別の言葉に置き換えられる。
たとえば、テレビなんかでは、静止画って、言っています。
あるいは、画像、とも言っています。
そうゆうことでいえば、写真、なんて言葉は、古いのかも知れませんね。
とはいいながら、それらは言葉上の問題です。
ここでテーマとする<表現>の内容が、かわるわけではないですね。

表現とは、自分を表すこと。
自分の何を表すのでしょうか。
それに、写真、静止画を使っての表現です。
じぶんの心、思い、感情、などを表すこと。
現在なら、このことが、いちばんピンとくるかも知れません。
自分を表現する、あたりまえの言葉ですが、これが苦手な人間です。

もちろん人間、自分を取り巻いている環境って、時代とともに変化しています。
器材などのハード環境の変化がありますし、生き方への考え方の変化もあります。
いまの時代に、いちばんこころにフィットする内容。
つまり、感動を得られるかどうか。
感動を、共有できるかどうか。
それ、いまどきの、感情レベルでの判断になりますけど。

<写真の表現について-2->

自分のことを、相手に伝える方法としての、言葉があります。
しゃべり言葉としての方法、文字を書いて文章とする方法。
文章を書いて自分の意思を伝える。
想像力を働かせて、フィクションをつくる、つまり詩とか小説とか。
この言葉による文章をつくって表現する手段を、写真に置いてみる。

写真は、目の前にある物体を写して、自分を相手に伝えることです。
文で書けば、これはペンです、なら具体的な物体ペンを撮って、提示します。
さて、これで完結、かんたんですね。
いまどき、カメラの操作なんて、シャッター押せば写っちゃうんですから。
なのに、写真の表現、文章でいえば詩とか小説のこと。

これを、写真でやっちゃおう、ってゆうんだから、ちょっと難しい。
小説によるフィクションなら、、写真によるノンフィクション。
ノンフィクション、真を写すことだから、これはノンフィクションを得意とする。
たしかに、その側面はあるかと思うけど、ここで写真の表現というかぎり。
文章でいうフィクション、作り物、想像力の成果、とするには、難しい。

写真で、つまり具体的なイメージで、なにを語るか。
イメージそのものは、具体的なイメージであることが多い。
写真によるペンは、ペン、より具体的な個別のペン、そのものです。
概念を、というより、個別を、というのに適しています。
この個別をつなげて、概念化していく、文章の逆方法、ですね。

<写真の表現について-3->

ここでは、写真の表現というタイトルにしているんですけどね。
いまや<写真>という言葉が、有効なのかどうかを、考えないといけませんね。
最近なら、これまで写真って呼んでいたものを、静止画って呼んでいます。
その背景は、動画に対置していると思っています。
動画は、静止画の連続で得られるイメージの総合です。

また、写真、つまり<真を写す>という内容の<真>ということ。
真は、真実とか真理とか真意とか、まあ、究極的に不動にしてある事柄。
真とは、そのようなイメージかと思うんですね。
でも、その究極的不動の事柄ってことが、ホントにそうなの。
真実とか真理とか、その言葉が持つ意味内容が変容してきた。

そんな背景もあるとおもわれて、ぼくも便宜的に<写真>って言葉使ってるけど。
静止画、としてとらえて、書くこと、喋ること、<静止画>でいいのかなと。
これって、時代のなかでの、ありかた、語りかた、使いかた、なんでしょうね。
ともあれ、写真という言葉を使いますけど、表現とはなにか、これですよね。
写真の表現、写真表現、写真で表現する、・・・・。

表現するための根底には、内容、コンテンツと言われているもの。
これは、目的に合わせて、といえば妥当かも知れません。
なにを伝えるか、その伝えるべくものを、静止画イメージとして表出する。
この表出させるために、道具をつかう、つまり<カメラ>という道具です。
カメラを使って制作した写真・静止画を、なにを媒体として発信するか。
制作段階から、この媒体までを含めて、写真の表現ですね。

 <写真をつくる装置-1->
2010.9.13

写真をつくる装置について、考えてみたい。
装置というからには、仕組み、仕掛け、ということを含めて、その全体像です。
ハードウエアとソフトウエアのうち、ハードウエアを軸にして、ソフトウエアを考える。
シフトウエアを軸にしてハードウエアを考える。
軸の置き方によって、論の組み立て方がちがうと思うが、その両者をもって装置です。

さて、写真をつくるハードウエアの中心はカメラ装置。
カメラには、手作りカメラ、ピンホールカメラから、フィルムカメラ、デジタルカメラまで。
カメラには、フィルムまたはデジタル信号を記憶する装置、メモリー。
フィルムサイズにより、大型、中型、小型、と分けるのがいいですね。
それから、カラーなのか、モノクロなのか。

こうしてつくられる写真を、伝達する媒体、メディア装置。
印刷物にする、写真そのものを展示する、ネットにて配信する。
印刷物にするにしても、書籍として出版、カタログの写真、記事中の写真。
メディアの中で、いろいろな使われ方があります。
最近なら、デジタル信号化された画像情報を、インターネットのサイトに載せる。

いろいろなメディアが使える現在です。
でも、それらは、技術革新とともに、使えるようになってきたものです。
ここでは、装置としての歴史を、とらえてみたいと考えています。
発明の最初には、カメラという箱があり、光を定着させる媒体があった。
論は、ここから始めて、現在のデジタル環境にまで及ぼうと考えています。

2011.11.1
写真論と名付けたブログだから、それなりに。
難しく考えすぎていたようです。
だから、ついつい、ごぶさたになってしまうんです。
だから、気軽に、日記風に、書いていこうと思う。

なにより、名声とか認められたいとか、あるじゃないですか。
写真を撮る、写真を発表する、なんてことは、つまり。
これじゃないかと思うんですよ。
コミュニケーションツールとしてのカメラ。
写真を撮って見せあいっこする。

自分が認められたい欲望ってのがあって。
それにむかって、写真を撮る、なんていえば怒るでしょ。
そんなんちゃう、そんなこと思ってないって、反論あるでしょ。
まあ、いろいろ、とらえかた、考え方あるから無理にとはいいません。
でも、なんのために写真を撮るのか、なんて考えたら、こんな話もでてくる。

気軽に、こんな調子で、文章を書いて、おしゃべりしていく。
それのほうが、いまの時代、ネットってゆう媒体には、合ってる。
なんでもイージーに済ましちゃう。
かんたんに、ストレスかけないで、気軽に、なんて。
そうゆう時代の寵児、デジタルカメラの装置ですもの、ね。

誰がいつ、ここでいう写真に、写真という呼び名をつけたのか、ぼくにはわからない。
写真は日本語です。
写真は光の芸術とも言われたりしていました。
そのような写真が、概念的な意味が、ゆらいできているように思えます。

映画館での映画、家庭内で見るテレビ、いずれも動画です。
動画といえども、一枚の写真を連続させたものです。
連続写真、そうゆう言い方も可能かと思う。
しかし、映画、テレビの連続画像は、動画、動く画像です。

動く画像に対して、静止画という呼び名があります。
静かに止まっている画像、これが写真なわけです。
動く画像って動画ですが、これは静止画の連続したもの。
一秒間に24コマ動くといいます。

静止画はストップしている、ある瞬間の画像。
写真って、言い古されているけど、紙に載せられたイメージ。
紙とイメージをあわせた物質を写真という。
モニターにあらわされた画像は、写真とは言わない。

要は、写真とか静止画とか、呼び名はどうでもいいこと。
論の中心ではなくて、枝葉のこと。
とはいえ、でも、文字が違うとイメージが違うように思われる。
こんなことを話題とする写真論、けったいやなぁ、とも思っています。

-22-
ここでは、人間の欲望と写真の質について、考えたいと思います。
人間の手によって描くことなくイメージを定着させる写真。
最初は、だれでも撮れたわけではなく、それなりの技術が必要でした。
工業生産品となるまで、手作りでしたから、大変さは想像できます。

工業生産品となり、静止画の連続で映画が制作されるようになる20世紀。
モノクロ写真からカラー写真へ移行してくる写真。
つまり動画であって自然な色がついていることが求められる。
人間の欲望の結果、いまの映像環境がある、といえます。

たしかに写真、静止画って、簡単、わけなく撮れてしまう。
写真とはこんなものというイメージが定着しています。
意識がそうゆう類の光景を見て、写真にしてしまう。
カメラの性能があがって、それなりに写真になってしまう。

現在、動画環境は、静止画である写真ほどイージーではありません。
しかし現在、インターネットの通信速度とか、その他環境を考えるてみると。
動画を享受するに足りる環境が出来つつあります。
需要は、写真とゆう静止画から、映像とゆう動画に変わっていくのではにか。

でも、動画となると、編集作業とか、少しは処理が複雑になりますね。
メディアのほうでも、動画を募集するようになってきています。
動画投稿サイトが話題になっています。
このように、興味の方向は、静止画である写真から、動画に変わりつつあります。

そうゆう時代だからこそ、静止画である写真に固守するなら。
固守するに足りる論と内容が必要だと思います。
たんにイージーに制作できる写真の表面だけではいけません。
より欲望を満たす道具へと変化していく、その作り手に、です。

-23-
写真、静止画、カメラで制作する画像。
写真の定義をあれこれと考えているんですけど、写真とは。
いまや写真という言葉を使うより、画像、静止画、と呼ぶべきでしょうか。
ぼく自身は、写真という言葉にこだわっているわけではありません。

といいながら相変わらず「写真」という言葉を使って、論を立てる、写真論です。
けっきょく、写真をめぐるぼくたちの環境といえば、カメラ業界。
カメラ屋さんがあって、カメラがあって、現像所があって、パソコンがあって・・・・。
つまりカメラ産業ってゆうか業界があるわけです。

この時代だから、経済を抜きにして、写真を論じることはばかげてる。
ぼくは、消費するカメラ愛好者、いや写真愛好者たち、と言っています。
お金を出して、楽しませてくれる、そうゆう消費物なのです。
なぜそうなのか、なんて詳細に説明するのもむなしい感じです。

消費者たるぼくたちは、カメラ産業を担う業界と好い中なのしょう。
カメラ雑誌、写真コンテスト、コンテストに応募して、賞を得る。
賞を得ることで、名誉となる、それから作家として認めてもらえる。
でも、写真を撮って、作家生活するのは、経済的にかなり難しい。

でも、それでも、写真を撮って、それで何をするの?
なんて問題の解答を考えていて、結局、交友の手段かなぁ。
写真を見せあい、ほめてもらって、自分存在を確認する。
本質的に、そうゆうことなのかも知れない、とも思ったりしてみたり。

-24-
あんまり難しく考えると書けないから、ラフな感じで、日記風に書きます。
ええ、今年は2011年です。
京都写真学校って主宰してやってるんですけど、7年目です。
2004年から、この7年で、写真をめぐる環境が大きく変わったと思います。
なにより、携帯電話による写真制作が、飛躍的に便利ツールになりました。

写真という言葉は残っているけど、もう古いですね。
静止画、画像、そんな言い方、呼び名に変わっていますね。
ともあれ、デジタルカメラ、通信環境、ネット環境が飛躍的に便利になった。
メディアで言えば、出版が、紙の本から電子ブックへ、ですね。
そうなると、静止画から動画に移行するのも時間の問題か、なんて。

170年ほど前(1839年)に写真術が発明されたんです。
その当時には、絵画に似たものが、勝手に描ける装置、カメラでした。
絵画と写真が、平面における中心的な静止イメージ。
それが20世紀ごろになると映画が考案されます。
動く写真、連続写真、動く画、映画です。

映画のフィルムをカメラで使うようになります。
35ミリフィルムなんて、映画用に開発されたもの。
静止画写真は、動画である映画と向きあうことになります。
写真は芸術作品である、なんてことがいえるようになる時代です。
でも、決定的なのはテレビが普及することですね、写真の役割が変化する。

まあ、紙への印刷による出版物があるかぎり、静止画としての写真は残ります。
でも、どうなんでしょう、電子ブック。
これが普及すると、静止画が動画に置き換えられる。
そのとき、静止画、写真は、どこへいくのでしょうね。
どのような内容で、静止画は生きていくのでしょうね。

-25-
写真の現状を考えてみます。
といいながら、写真の現状、なんて書きだすこと自体が現状にそぐわない。
そんな感じにも思えたり、写真って言葉自体が、もう古いなんて思ったり。
写真、つまり静止画をとりまく環境は、どんなものだろう。

以前なら、写真を取り巻く環境が変わった、なんて書き出しで始めたものだ。
でも、いま、変わったっていっても、古い人から見たら変わっているだけ。
新しい人からいえば、いまがあるだけ。
だから、いま、どんな環境なのか、これを考えればいい。

写真、つまり静止画をつくる道具が、誰の手にもある現状です。
画像、イメージを撮れるツールです。
一眼デジカメ、コンパクトデジカメ、携帯電話のカメラ。
もう、簡単に、手軽に、撮影ができる環境です。

コミュニケーションのツールとして、写メール。
手紙に写真プリントを封筒に入れて、切手を貼って、ポストへ。
そんな手順が、写メール、いとも簡単、それがいま。
写真表現の質そのものが、基礎から変わっているようです。

どんなふうに、カメラを使いこなしていけばよいのか。
静止画と動画が撮れるデジタルカメラです。
メモ帳として、電子ブックとして、其処を自分の画像で埋める。
いやはや、アートフォト、芸術写真とは、いったい・・・・。

-26-
2011.3.5
写真の現況を考えてみます。
写真を撮ることって、けっこうイージーな作業です。
カメラを構えて、シャッターを切れば、写真(画像)ができます。
技術的にも、オート機能で、おおむねクリアーできます。
つまり、写真を撮るって、簡単なことなのです。

ぼくはこの、簡単なこと、というキーワードに着目しています。
写真が発明される以前には、平面静止画として、絵画があります。
版画という複製芸術が、そのころにはありました。
写真、フォトグラフは、太陽光が描く芸術です。
でも、画像を得るには、化学知識、それなりの苦労。

でも、いまは、デジタルカメラで、携帯電話で、写真を撮れます。
絵を描く技術がなくても、シャッターを押せば、写真が撮れます。
そういうことで言えば、写真を撮ることは、イージーな遊び道具?。
でも、写真は静止画で、次には動画が控えています。
デジタルカメラには、静止画と動画が撮れるじゃないですか。

写メールが動画メールになるのも時間の問題。
通信技術的には、i-phoneの新機種、いよいよその時代ですね。
そんな背景のなかで、写真、静止画を、どのように扱うのか。
いよいよ、写真が芸術のなかに参入、ということでしょうか。
それもイメージ制作、古典的存在として、絵画の次に現れた、とか。


写真論
「写真についての覚書-1-」
nakagawa shigeo 2010.1.6~ 2011.3.10
IMG_7526
<写真論の試み>2010.1.6

写真について、いろいろと、思うことがあります。
写真とは何か。
なにをもって写真とするのか。
写真をめぐる様々な論が成立すると思います。

いまさら、なんで写真論なの?
こんな単純な疑問が浮かんでは消えていきます。
そこで、ぼくのあたまのなかでぐるぐるめぐっている言葉を、紡ぎ出します。
写真とは何か、簡単で難しい、この質問を、ぼく自身に投げかけてみよう。

 <写真の定義>

写真とはなにか。
このような問いかけは、答えを導くのに、苦労します。
というのも、写真という代物、これの定義から、しなければいけない。
いま、この写真という代物が、どうゆうものなのか、を定義しないといけません。
このように書いているとき、その背景には、絵画とか、CGとか、を想定します。
なにより、写真とは、日本語、漢字で書いた言葉で、読みは、しゃしん、です。

写真は、カメラ装置で制作される平面イメージ。
そうなのですね、カメラを使って作った代物。
いちおう、このように定義しておきます。
カメラは略称で、カメラオブスキュラ、暗箱、暗い箱です。
といいながら、現在ならば、デジタルカメラ、暗い箱ではないですね。
フィルムって言ってる代物、カメラにフィルムを装填して、シャッターを切る。

このあと、いくつかのプロセスを経て、紙に定着されたイメージ、写真。
CTR、液晶画面に映しだされたイメージ、写真。
カメラを使って、作りだされたイメージが定着された代物。
これが、写真と呼んでいるもの、物体、イメージです。
最近では、画像、静止画像と呼んでいます、写真って表現しない。
でも、ここでは、やはり、写真という名称で、そのありかを探ってみたい。

<写真の定義-2->

絵画とかCGとかのイメージと、静止画像である写真は類似しています。
では、そのほかのジャンルとは、どんな関係が成り立つのでしょう。
ここで、形式または形となって現われだされた代物でいえば、文字です。
文字、文字の羅列には、意味を付加します。
もちろん、意味とは何かという定義も必要かもしれませんが。
その文字が、何を指し示しているのか、ということに着目します。

何を指し示しているのか、ということでいえば、写真は、明確です。
物が写っている代物、イメージが定着された代物、それが写真だから。
いやぁ、現代においては、抽象画って表現方法がありますから。
具体的に物を指し示すことばかりでは、ありませんけれど。
おおむね、具体的な物が、写真のなかには、イメージ定着されます。

ここで、写真の定義として、表面のイメージではなくて、何か。
求めているのは、意味、写真の中の意味、とでもいえばいいでしょうか。
文字の羅列が意味を生成させるように、写真も意味を生成させる。
写真の表面は、具体的な物の定着ですが、その奥には、意味がある。
この<意味>について、詮索していくことが、当面の作業かも、知れないですね。

<写真の定義-3->

写真とゆう代物について、ここでは写真の定義を試みています。
写真をめぐる論の、いくつかのカテゴリーを考えてみました。
写真の意味、写真の技術、写真の歴史、それに、ここ、写真の定義。
写真の歴史には、表現史と技術史があり、おたがいに絡みながら、進んできています。
写真の技術には、材料による分類、撮影技術、暗室技術、デジタル技術。

なにより、ここにおいて重要視しているのが、写真の意味。
その写真が、何を指し示し、何を意味するのか、とゆうこと。
制作者の個人的な見解、写真の撮られた社会的意味、など。
そのほかに、なぜ?という問いへの答え。
写真とは、何か。

なにより写真を撮るという、個人的な意味。
個人的な興味へ意味。
なにか迷宮入りしていきそうな、論になりそうな気配。
写真とは、いったい、何か。
写真の現代的な意味とは、どんなものなのか。

<写真の撮影技術-1->

写真を作るのには、撮影するという技術が必要です。
最近では、デジタルカメラが主流ですし、全てお任せ、全自動で撮れます。
シャッターを押すだけ、指先だけ、ぷちゅっと押せば、写真が撮れる。
技術的なことは、これだけでOK。
なにも、むつかしく考える必要は、ありません。

シャッターを押すだけで写る。
1960年代には、オートマチック、自動巻き上げなんてのがありました。
ラピッドカメラとか、専用フィルムでした、ぼくも使ってました。
でも、写真を制作する最初から、そのようにできたわけでは、当然、ありません。
フィルムも、印画紙も、もちろんカメラだって、作らなければならなかった。

1839年に、フランスにおいて写真術に特許権が与えられた。
ダゲレオタイプっていう制作方法、技術プロセスです。
でも、この技術が主流になるかといえば、そうえはなくて、カロタイプ。
イギリスのニエプスって人が、考案した技術プロセスだそうです。
19世紀の中頃に、光を転写して絵を得る<写真術>が発明されたのです。

<写真の撮影技術-2->

シャッターを押すだけである。
シャッターを押すと、カメラが全て引き受けてくれて、写真が撮れる。
ピント、露出、はオートで、カメラ内蔵のコンピューターが、決定してくれる。
構図、そうですね、撮る人が気にかけるのは、構図ってことですね。
構図は、見た目に整ってると思える、物の配置です。

ここでは、撮影技術ということで、論を立てています。
見た目の感じは、技術を使って、獲得できる。
暗いイメージは、暗く、露出を抑える。
明るいイメージは、明るく、露出を多めに。
見た目、ぐっとイメージが変わります。

最近のカメラには、レンズのズーム機能と露出の補正機能があります。
レンズでは、遠近感、露出では、明るさ、を調整します。
適正ということがあります。
カメラが示す適正と、撮影者が感じる適正とが、一致しないことがあります。
感覚、感性、自分が感じる感じ方、ここまでくると、内容論の入口ですね。

<写真の撮影技術-3->

撮影技術というのは、カメラ操作、ピント、作画、露出、これらをマスターすることで、解決します。
基本的には、JIS工業規格にのっとってると思うんですが、カメラの設計そのものを使いこなす。
特に露出をどう決めるかという問題は、JIS規格とは少し、表現意図が加味される。
まあ、撮影技術というのは、絵画における絵の具と筆、陶芸における土と釉薬みたいなものかも。
工業製品としてカメラ等、それによる写真(もしくは画像)制作の、制作道具の選択と組み合わせです。

絵画の絵の具と筆、陶芸の土と釉薬、と引きあいにだしましたが、この関係で続けると・・・・。
写真制作のプロセスを、工業製品以前の制作法に戻して、考える必要があるかと思います。
写真制作のプロセスを、手作りプロセスとすれば、撮影技術は、奥深いんじゃないか。
ここでは、撮影技術について考えているところです。
一方、表現技術という技術も別の系で、考えられると思います。

撮影技術については、物質を使うプロセスとして考えたい。
カメラ、フィルム、印画紙、それを処理する現像薬品、等々。
もうひとつの撮影技術は、デジタル画像を作るプロセスです。
カメラ、メモリー、コンピューター、プリンター、といった道具の使いこなしです。
いづれも、あらかじめ設計されたレベルを、いかに有効に導きだすか。

表現技術は、この撮影技術と密接な関係をもっていると思います。
この次には、この表現技術について、考えてみたいと思います。
撮影技術のマスターを踏まえて、表現ということの技術的側面を考えたい。
しかし、技術論の結論として、技術では解決できない問題が、あるのではないか、と予測しています。
さて、この写真論、そこまで行けるかどうか、不明な点が多いです。

<写真の意味-1->

写真とは何か、写真とはどうゆう代物なのか。
あるいは、何を、どのような方法で、どのように処置したものが写真なのか。
いくつかの、写真という言葉の定義をめぐる論が必要かと思います。
写真という言葉自体、最近では、静止画像、あるいは、単に画像と呼ぶことがあります。
それでは、写真と静止画像は、ぼくたちのレベルで、どのように一緒で、どのように違うのか。
こんな話が、じつは、くだらない話だとしても、なにがくだらないのかを話ます。
写真と静止画像は、違うといえば、紙媒体とCTRモニター媒体との違い。
紙にプルントしたものを写真、デジタル信号でモニターを通したものを静止画像。
ひとまづ、このように区分しておきたいと思います。

ここでは、カメラの種類とか、材料の種類とか、媒体の質とか、それがメインではありません。
写真の意味、前段で、写真は紙媒体を使ったもの、らしきことを書きましたが、このことではありません。
写真に撮られた<もの>の意味するもの、このことです。
<もの>とは、物質そのものを示すこともあれば、物質を含む周辺、そのイメージの全体。
その基本は、物質そのものの、意味です。
意味という文字を使っていますが、意味とは何、と問いだすと論から逸脱しそうだから。
意味とは、その物質が指し示す、そのこと、とでもしておきましょう。
写真のなかに犬がおれば、それは犬です。

写真に撮られた物質が、その物質であると示されていることが、意味です。
この意味で、意味のなかに、一次的意味と二次的意味とにわけるのがよろしい。
このような区分は、言語論の範疇に属するのでしょうか。
写真と言語という区分からして、写真を言語的に扱う。
ちょっと混乱しそうなので、どうしましょうか。
ここまで書いてしまったから、あえて消しませんけれど。
写真の意味という表題で、この文を、成立させようとしているわけです。
意味という限り、やっぱり言語の領域に置かれた写真なのでしょうか。

<写真の意味-2->

写真の意味を求める、というのは、言語的であると考えています。
写真は、イメージであって、文字言語ではない。
あるいは、写真は、文字言語とは別の体系をもつ、写真言語である。
言い方は、いくつかあると思いますが、要は、写真は文字言語ではない、ということ。
その流れでいえば、文字言語に従属しない。
文字言語から解き放たれた、独自のイメージ・言語だといえるんじゃないか。
われら、にんげんは、言語でもって自分の意志を表します。
なにも文学作業だとは言いません、日常会話のレベルです。

そうすると、写真を撮って、自分の意志とか思いを表す。
それを他者に見せる、作品として、あるいは会話の道具として。
この作品として、会話の道具として、イメージである写真を見せる。
そのとき、文字言語が介在しないで、その写真が写真として成立するか否か。
ここなんですね、ぼくが注目する、処なんです。
写真を読む、写真を語る、しかし、そこに言語はいらない。
ほんとかな、言語が紡ぎだせないだけじゃないですか。
評論、批評という枠は、イメージである写真を、言語でもって規定する。

どうなんでしょうか、言語で規定する。
つまりそのイメージ・写真の見方、考え方、捉え方を、解きほぐし理解すること。
理解するととは、このように考えるのが妥当ではないでしょうか。
そこで、そこで、そこでぼくが思うのは、これは言語に従属している。
だから、従属ではなくて、対等、もしくは言語から解き放たれること。
写真が、言語から解き放たれるとき、その写真に、何が残るか。
ここなんですね、何が残るのか。
ぼくは、この「何」の内容を、「感情」ということに置き換えたいと思っているんです。

<写真の意味-3->

なんだか、この論が、論である以前の状態へ戻ろうとしている気がします。
というのも、意味ってゆうとき、その意味とは、言葉で示される内容ではないか。
ということは、写真の意味とは、まさに、言葉に導かれる、そのもの。
ここでいま、試みているこの論、そのものが、意味を導くためのもの。
そうすると、写真(イメージ)が、言語(意味生成)と、ぶつかりあうことになります。
写真が、従属ではなくて、対等、または解放されるということは、意味を生成しないこと。

なんなんでしょう、意味を生成しないこと、とは。
ぼくが想定するところは、感情、そのものが交流しあうこと。
意味ではなくて、感情の交流、交換。
このこと、それ自体が、重要なこととなってきます。
写真は、言葉ではない、感情の交換だ。
これで、写真が意味から解き放たれて、感情のレベルで共有される。

なんか、言葉世代のぼくには、言葉で語ることからしか始まらないから。
ここに、こうして、言葉を連ねて、写真論を形成しようと試みています。
でも、このこと自体が、かなり無効になってきている気がします。
ナンセンスとは言いません、そうゆうことではなくて、感情。
提示された写真を見て、情が動く、感情に生成していく。
このことが、あたらしい写真の意味だ、といえるかもしれませんね。

<写真は静止画像-1->

写真を形として定義するとすれば、最近なら静止画と呼べばよろしいですね。
静止画像または静止画。
これに対して、動画というんがあって、これは静止画の連続で見せるもの。
むつかしくいわなくても、映画とかテレビとかの画面、その映像部分。
つまり、写真という名称は、いまや、用語としては、使われなくなった感です。

しかし、この静止画の発明は、画期的なことだったと思われます。
1839年といいますから、今から170年ほど前、フランスにおいて。
ダゲールという人物が考案の、光をとどめて絵を描く装置に、特許として与えられた。
ダゲレオタイプという静止画の制作方法です。
でも、イギリスではタルボットという人物が、カロタイプという制作方法を考案していました。

いずれも技術的な問題をクリアーして、世に出てきた写真、フォトグラフ、静止画です。
その時代、それは絵画に対抗するモノとして、存在してきたように思えます。
絵画の模倣、絵画に影響を与える、絵画、絵画。
絵画といっても、肖像画にダメージを与えます。
静止画、写真のイージーさ(失礼)において、手で描く絵画をしのぎます。

<写真は静止画像-2->

印刷されて、大量に流布される新聞、マガジンの類に、写真が載せられます。
文字と並列、文字の添え物、写真がメインで説明が付く。
オリジナルのプリント画像より、印刷物になって、使われてきた写真。
ところが、動画があらわれ、動画が多用されるメディアが出現。
映画はもとより、テレビメディアの普及です。

写真は静止画像だから、印刷物には適しています。
でも、テレビの中身には、及ばないです。
たしかに、動画として、写真をテレビに映し出す、これはあります。
でも、原則、静止画像は、オリジナルプリントか、印刷物で使われます。
写真がなかったころ、19世紀の半ばまでは、版画とか絵画。

版画や絵画のように、絵具をつかったり、手を施したりしなくても、勝手に作っちゃう。
感光材料のもと、勝手に絵ができる。
かなり、イージーな、絵画の作り方のように思えます。
発明されて半世紀は、絵画のまねごとをする時代であった、ともいえます。
写真がグラフ雑誌や新聞に使われ、いまある報道、広告宣伝分野の一角になります。
一方で、写真は芸術作品として認められようとします。


現代メディア表現論
「過去の巨匠達から学ぶメディア表現とは」
IMG_9526
nakagawa shigeo 2011.1.29

1、写真発明以後のメディア概況

  (A)オリジナルプリント、版画印刷
  (B)輪転機印刷による大量コピー
  (C)映画の出現、テレビメディアの出現
  (D)インターネットの出現、携帯電話の出現

  ★カメラ装置の変遷
   (1)大型カメラから小型カメラ(フィルム)
   (2)デジタル家電製品としてのカメラ

  ★表現メディアの変遷
   (1)ギャラリーの壁面
   (2)印刷による出版(多数部数を印刷)(少部数を印刷)
   (3)ウエブネットワークの活用

  ★その時代のメディア展開方法
   (1)新聞・雑誌への写真掲載でリアルに表現
   (2)印刷媒体、コマーシャル時代のイメージ創造を担う写真

  ★消費される写真(紙媒体)
   (1)プリントショップによるプリント
   (2)コンビニのコピー機によるプリント
   (3)オリジナルアルバムの制作

  ★デジタルブックの時代
   (1)携帯電話機能とデジタルカメラ機能&フォトストック機能
   (2)写メ(写真添付メール)から動画○○メ(まだ名前がありません)へ

  ★現代写真家像
   (1)カメラ
   (2)テーマ
   (3)発表媒体と発表方法

各作家をとりまいたメディア環境

(1)タルボット
 英国にてカロタイプ写真術(1841年特許申請)による写真制作
 最初の写真集<自然の鉛筆>(1844~1846)
 オリジナルプリントによる写真集で6分冊24点のオリジナル印画

(2)ステーグリッツ(1864~1946)
 1903年~17年、写真分離派機関誌「カメラ・ワーク」50号まで
 1905年~17年、291ギャラリー
 カメラワークの出版と291ギャラリーの開設
 印刷による書籍化とオリジナルプリント展示

(3)スミス(1918~1978)
 1939年~43年、ライフに81点の写真、コリアーズに79点の写真掲載
 1943年~44年、フライング誌の特派員として南太平洋戦域に参加
 1944年、ニューヨーク近代美術館で戦闘写真を展覧、のち南太平洋戦線に戻る
 1972年~75年、水俣を撮る、撮り編集し巡回写真展を組織しながら、雑誌に発表

(4)東松照明(1930~)
 写真雑誌への発表による読者の獲得
 写真雑誌「フォトアート」、「カメラ毎日」など、総合誌「現代」など
 1954年、岩波写真文庫に入社
 1961年、「Hirosima Nagasaki Documento 1961」原水禁日本協議会
 1967年 写真集「日本」写研
 1972年~74年、沖縄移住、宮古大学を創設
 1975年 写真集「太陽の鉛筆」毎日新聞社
 1978年 写真集「泥の王国」朝日ソノラマ
 1990年 写真集「さくら・桜・サクラ」ブレーンセンター

(5)森村泰昌
 コンピューター処理による美術作品
 アーティストブック、現代美術ギャラリー、美術館展示
 逃走する作家 作家とは
 1989年 美術史の娘 マネのベルジェールの酒場
 1990年 批評とその愛人 セザンヌの林檎

3、現代のメディア表現環境

1、既存の表現媒体
 (a)ギャラリー壁面展示
 (b)写真集

2、新しい表現媒体
 (c)インターネットにおけるホームページ 
 (d)メーカー提供のブログ&フォトアルバム

3、静止画から動画へ
 (e)2010年現在、デジタルカメラで撮る画像は、静止画から動画へと移行中
 (f)記憶媒体(メモリー)の容量増大、通信速度の高速化
 (g)液晶画面で見る静止画から動画へ

4、現代写真家像は、いかなるスタイルをしているのでしょうか

<資料1>

<写真イメージは素材である>

写真を、紙に定着させるにせよ、パソコンでの液晶画面に定着させるにせよ、写真は一枚ぽっきりの単独イメージです。写真を考えるということは、写真の中身(撮られた被写体)を考えることを中心に、写真論を組み立て、写真のあり方を考えます。でも、それだけじゃなくて、写真という固定されたイメージの紙または液晶画面が置かれている状態を考えることも必要ではないかと思うのです。

写真の中身は当然、論の中心であってよいわけですけど、たとえば、写真を見せる枠組み、フレームといえばいいか、ギャラリーの壁面であったり、雑誌とか写真集の印刷物であったり、ネット上で組まれるアルバムであったり、そのフレームを考えると、写真が素材で、写真を料理(編集)して、器に並べて、見栄え良くして、おいしくいただく。そういう全体がわかってきます。

ここでは、ネット上で展開される写真の枠組みについて、論じておこうと思います。というのもデジタルカメラで撮って、ネット上で発表することが主流となってくるからです。ネット上で発表される写真の、枠組みは、ホームページ、オンラインアルバム、ブログなどです。もちろん自作も可能でしょうが、写真を載せる枠組みは、既存に提供されるフォーマットを使います。オンラインアルバムの形体、ブログのデザイン、ホームページのフォーマット、などは選択するところから始まります。

写真イメージは素材である、とタイトルしましたが、一枚一枚の写真イメージが素材として、スライドショーの枠組みを提供されていることに着目してのことです。つまり、スライドショーって、静止画の動画発想で、音楽つきスライドショーができるアルバムです。ニコンのアルバム、ヤフーのアルバム、ぼくはこの二つのアルバムのスライドショーを見て、考えているんです。このネット上のアルバムのスライドショーでは、写真イメージは素材なのです。

<携帯電話とトイカメラ>

最近の写真をつくる道具としてのカメラの注目は、携帯電話とトイカメラです。携帯電話についたカメラ機能と、いっぱんにトイカメラといわれているフィルムカメラ&デジタルカメラが、写真をつくる。これが写真家と呼ばれない人たちの最近の道具(ツール)です。
もちろん高級デジタルカメラがあり、従前のフィルム一眼レフカメラがありますが、簡便、面白い、など若い世代に受けているのが、携帯電話カメラとトイカメラです。

一方で、現代写真とは何か、どんな様相なのか、ということを考えていて、いくつもの切り口から、その全体を見てみたいとの思いがあります。この立場からいうと、写真を作る道具としての、カメラ装置への考察です。歴史に見てみると、写真の歴史はカメラと感材の道具類によって、その内容が左右される、つまり表現方法が変わる、ともいえます。

カメラは、いつも、その時代の最前線テクノロジー、技術が搭載された道具です。そのことでいえば、携帯電話はこの時代の最前線テクノロジーです。その機能としての写真を作る機能なわけです。反面、トイカメラは、そのまま直訳すれば、玩具写真機、基本原理に従って、フィルムまたはデジタルチップを装填して写真をつくる。

ここに二つの方向がみえてきます。最前線道具を使って、写真を作る方法と簡単装置で写真を作る方法です。特に携帯電話は、誰もが持っているような時代です。つまり、誰もが常態でカメラを持っている時代だと言えます。そのことと、昔帰り気分で、トイカメラ、と言うことでしょう。ピンホールカメラブームだし、トイカメラブームだし、いずれも時代感覚のファッションですね。

<ネット時代の写真表現について>

写真で何を表現するかという大きな問題を解いていく道筋に、今(2010年)の写真を作り、写真を人に見せる、つまり発表するシステムを解くことがあげられます。
この観点でいえば、ネットワーク、インターネットの時代、デジタルカメラの時代というのが、今の時代の代表システムだと考えています。
フィルムベースの写真の作り方から、デジタルベースの写真の作り方へ、わたしたちの思考とその手法を、考えなければいけません。

表現の中身は、プライベート情報の発信、と仮説を立てての出発ですが、ツールはデジタルカメラとデジタル環境です。
フィルムを必要としないデジタルカメラの、処理環境はパソコンです。パソコンの通信機能は、いまやネット上に開設されるフォトアルバムが、発表の中心媒体です。
フィルム時代には、印画紙に焼き付け、物質としての紙の上にイメージを載せ、それをギャラリー等に展示して見せる、という方法でした。この方法は、いまや過去とは言い難い状況ではありますが、カメラと写真のシステムとしては、今の最前線ではありません。

さて、こうして、今の環境、状況を考えると、デジタル写真がネット上のアルバムにて供覧される、というのが主流ですね。
ネットアルバムに写真を載せることって、とってもイージーなイメージがありますが、つまり、いまや写真発表は、イージーなのです。
何に対してイージーかといえば、ギャラリー等で展示するという方法と対比させて、ということになります。
それでは、ギャラリー等で展示することが、発表媒体として優位にあるかといえば、必ずしもそうではないし、過去と今、以前と今、それが現時点での一般的認知としても、ギャラリー上位ではなく、同格だと考えます。

つまり、ネット時代の特徴を、写真表現の手法に加えるべく、そのツールを加味しなければいけないと考えているのです。
フィルムカメラでつくる写真の延長線上に、今がある、とは言えない。言えないという認識から、デジタルカメラに拠る写真表現を、考えていかないとダメですね。
ひとつの特徴として、デジタルカメラからネット上への発表のプロセスには、第二者、第三者が介在しない、ということがあげられます。
フィルムの時代には、自家処理する人以外は、フィルム現像、プリントを、他者にゆだねなければなりませんでした。

<資料2>

★東松照明氏の年史(1966年から2007年)

1966年 「<11時02分>NAGASAKI」出版。
     みずから出版社を作り出して単行本出版を試みる。
1973年 カメラ毎日誌に「太陽の鉛筆・沖縄」を連載する。
1975年 「太陽の鉛筆」カメラ毎日から出版する。
1974年~ 写真学校/ワークショップと「桜」取材を経て
1981年 京都取材に入る。
1986年 心臓バイパス手術を受ける。その後写真撮影再開でインタフェースの世界へはいる。
1989年 「プラスチックス」を発表(パルコ・ギャラリー)
1990年 「さくら・桜・サクラ」ロッテルダム&大阪で個展
1994年 <![endif]>「桜・京―原像ニッポン国」コニカプラザで個展
      京都取材から10年目にして個展開催
1999年 長崎へ移住する。
2003年~2004年 京都国立近代美術館において6回シリーズの個展を開催
2005年 「Camp カラフルな!あまりにもカラフルな!!」ギャラリー新居で個展
2007年 「Tokyo 曼荼羅」東京都写真美術館にて開催

<資料3>

●1950年代以降のメディアと写真表現の年代記

  ・名取洋之助主宰「日本工房」と岩波写真文庫
  ・カメラ雑誌の復刊・創刊

1950年代 印刷雑誌の時代
  ・土門拳、木村伊兵衛のリアリズム写真運動(1952年)
  ・本庄光郎らの主観主義写真(1956年)
  ・東松、奈良原、川田らによるVIVOの結成(1959年)

1960年代 テレビの普及時代
  ・コンポラ写真の始まり(1966年)
  ・中平、高梨、多木、岡田によるPROVOKEの発刊(1968年)

1970年代 マスコミとミニコミの時代
  ・多極化の時代、ニュードキュメント
  ・東松、森山、荒木らによる写真学校ワークショップ(1974年)
  ・自主ギャラリーでの展開

1980年代 活字メディアから放送メディアへ
  ・マニピュレイト(操作)な写真の展開
  ・写真専門ギャラリーのオープン
  ・オリジナルプリント

1990年代 個人化とパソコンの時代
  ・新しい風景の発見(旅する視点)
  ・写真美術館のオープン

2000年以降 携帯電話とインターネットの時代
  ・新しい写真の潮流 プライベートフォト、女の子フォト
  ・デジタルカメラ、携帯電話を使う作品展開
  ・古典技法、オリジナルプリント、ミュージアム、ギャラリー展示

このページのトップヘ